So-net無料ブログ作成
検索選択
滝川クリステル おもてなし プレゼン ブログトップ

滝川クリステル おもてなし プレゼン [滝川クリステル おもてなし プレゼン]

「お・も・て・な・し」 滝川クリステルさん の東京五輪スピーチが話題になっていますね。そこに込められた技術とは。

滝川クリステルさんのスピーチの3つの特徴。
・ゆっくりの 「おもてなし」 と、普通の会話スピードの 「おもてなし」 と2回言ったこと。
「ゆっくり喋る」 という、スピーチ技術の 「基本のき」 を取り入れています。IOC委員は様々な国で、年代も異う。どんな人にでも伝わるように、ゆっくり喋るという技術を使う。

そこにあえて普通のスピードの 「おもてなし」 を繰り返し2回言うことで聞き手に、「この 『おもてなし』 というは大切なキーワードなのだな」 と、印象を残す。

・1回目は手の動き (ジェスチャー) をつけたこと。
「おもてなし」 に合わせて、左手でつぼみのように縮めた形を作っています。あの手の動きも 「おもてなし」 という単語と共に、簡単な動きなので私も何人も真似しています。

・2回目は、手を合わせておがむようなお辞儀をしたこと。
2回目の 「おもてなし」 で両手を合わせて拝むようにお辞儀するのは、日本のマナーや慣習です。
欧米をはじめ海外の方から見て、わかりやすいアジア人の立ち居振る舞いを体現したのがあの動き。

日本人からすると 「ちょっとあれは日本人は普段しないかな」 と違和感があっても、今回の目的はIOC委員に熱意を伝えるためのプレゼンテーション。

「おもてなし」 の単語とその意味を、いかにわかりやすく、表現するか、と熟考したうえでのジェスチャーと捉えられます。

共通テーマ:芸能
滝川クリステル おもてなし プレゼン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。