So-net無料ブログ作成
堺雅人 半沢直樹 倍返しドラマ ブログトップ

堺雅人 半沢直樹 倍返しドラマ [堺雅人 半沢直樹 倍返しドラマ]

堺雅人さん主演ドラマ「半沢直樹」 が、今季視聴率トップを走っています。

プライベートでも菅野美穂さんと電撃婚、高級住宅地にある家賃約60万円のマンションで暮らす。

リーガルハイ公式BOOK
【送料無料】リーガルハイ公式BOOK

【送料無料】リーガルハイ公式BOOK
価格:1,470円(税込、送料込)


絶好調に思える堺さんだが、私生活では波乱の人生を歩んできた。そんな彼の “倍返し半生” とは。

堺さんは、幼少期を宮崎市内で過ごした。3人兄弟の長男で、両親は漁に使う網や介護用品を扱う自営業だったという。

小学校は、地元の公立。中学時代の同級生は 「あんまり目立たず、読書が大好きで図書館によくいるタイプ。勉強がすごくできたから、僕らの小学校からは2人しか入学できなかった国立の中学校に行った」 と証言する。

部活は吹奏楽で、中2のときは学級委員もやっていた。おっとりしているんだけど芯は通っていて、ひとつのことにひたすら没頭するタイプ。

堺さんは、地元の名門公立高校へ進学。
高校で演劇部に入部し、そのときの演劇部での先輩は1人だけ。堺さんが入部すると、部員は15~20人に。

堺さんは、つかこうへいの 『飛龍伝』 を演じるなど演劇の世界に没頭していった。「国立大を出て官僚になるのが希望だった」 いう。

堺さんが進学したのは、演劇活動が盛んな早稲田大学第一文学部。「劇団オレンジ」 に入り、授業よりも稽古に没頭する日々が続く。

予想どおり中退したのは、3年生の春です。家族には一切相談せずに。実家に帰ったとき 「大学に退学届を提出しました。すみません」 と一方的に事後報告しただけ。

「それはもう非難ごうごうでした」、その後7、8年間、絶縁状態が続きました。実家からの援助を断たれ、バイトをしながら芝居に打ち込む極貧生活を送ったそうです。

俳優の仕事だけで生活できるようになったのは、26歳でNHKの朝ドラ『オードリー』 に出演してから。この 『オードリー』 を観た両親が連絡を取ってきた。

堺さんは、ようやく勘当も解け、長年の親子の空白を埋めるべく、両親を東京に呼び寄せ積年の思いを “倍返し” にしたのだった。

「菅野さんとの結婚に際して、堺さんは先生に菅野さんをきちんと紹介したそうです。3人きりで会ってね。先生も 『彼女の目がほんとにキレイだったよ!』 と、嬉しそうに周囲に話していたようです」

人生の酸いも甘いも 「倍返し!」

共通テーマ:テレビ
堺雅人 半沢直樹 倍返しドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。