So-net無料ブログ作成
花子とアン NHK ブログトップ

花子とアン NHK [花子とアン NHK]

NHK連続テレビ小説 「花子とアン」 の出演者発表会見が、NHK放送センターで行われました。

主演の吉高由里子さんは、自身が演じる花子の親友・葉山蓮子役として仲間由紀恵さんとの初共演が決まった。原作は、花子の孫・村岡恵理さんの著書「アンのゆりかご」。

NHK朝ドラ化決定! アンのゆりかご 村岡花子の生涯 / 村岡恵理 

花子は山梨の貧しい家に生まれ東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へと進んだ人。
吉高さんは、10~50代の花子を演じる。

「プライベートでも年上のお姉さんが好きで、キレイなお姉さんは好きですが、まさか親友役とは」 と戸惑いをみせながらも、「笑いかけてくれた時はうれしかったです。甘えてしまうことがあるかもしれませんが、よろしくお願いします」 とあいさつ。

仲間さんは「年も上で頑張って “年下の友人” を引っ張っていかなければいけないんですが、彼女は元気いっぱいで (逆に) 引っ張られるかもしれません」 「2人でよい絆を少しずつ築いていければ」 と意気込んだ。

ドラマは、モンゴメリの名作「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる波瀾万丈の半生を、中園ミホさんの脚本で描く。

ヒロインの父役を伊原剛志さん、母役を室井滋さん、祖父役を石橋蓮司さん、兄役を賀来賢人さん、妹役を黒木華さんと土屋太鳳さん、夫役を鈴木亮平さん、幼なじみ役を窪田正孝さん、幼なじみの母役を松本明子さん。

母親の幼なじみ役をカンニング竹山さん、東京の女学校の寮母役を浅田美代子さん、英語教師役をともさかりえさん、同級生を高梨臨さんが演じる。賀来さんと鈴木さん、カンニング竹山さん、高梨さんは朝ドラ初出演。

朝ドラ「花子とアン」 は、14年3月31日から全156回で放送予定。

共通テーマ:テレビ
花子とアン NHK ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。