So-net無料ブログ作成
検索選択
山本裕典 舞台 ブログトップ

山本裕典 舞台 [山本裕典 舞台]

山本裕典さん が主演し、25日から上演される舞台「私のホストちゃん」 がWOWOWで生中継。

ウェブ投票の結果でその日の “ナンバーワンホスト” が決まり、物語の結末も変わるという新感覚の舞台だ。

タンブリング ~初回2時間スペシャル・エディション~

舞台は人気モバイルゲームを基に、2011年10月~12年3月まで放送されたドラマ「私のホストちゃん~しちにんのホスト~」 の続編。

ドラマ版のメンバーに加えて、若手イケメン俳優たちが多数出演する。山本さんや松下優也さん、吉村卓也さんらイケメンキャストも加わった。

モバイルサイト「ホスモバ」 と連動。ウェブ投票などによる 「ラブ」 の数に従って当日のナンバーワンホストが決まり、エンディングが変わるというマルチエンディングシステムも導入されている。

“指名数” によってストーリーや結末が左右されるという新システムについては、出演決定後に知ったという山本さん。

「ふざけんなと思いました。びっくりしましたよ!」 と苦笑交じりに明かしつつ、「でも、チャンスだと思うんですよね。これだけ若い男の子たちが出ていて、みんなのファンがいるので、俺のところに引っ張ってこようかなと (笑い)。逆の恐れもありますけどね」 と笑わせる。

今作には若手イケメン俳優が集まり、王子様系、オラオラ系などさまざまなタイプのホストが登場するが、山本さんが演じるのは自身とも共通するという 「まっすぐ系」 の新人ホスト・霧人だ。

「今までドラマでははっちゃけた役、舞台ではかちっとした役をやらせてもらって、分けてたんですけど、今回はコメディー。舞台でここまでかっちりふざけるのは初めて。今度は人をどうやって笑わせようかというのは楽しみです」 と語る。

苦手だという歌とダンスにも初挑戦しており、「ちょっと踊ります、ちょっと歌います」 と苦笑いで身体能力の高さも 「どこかに入れられれば」 と意欲を見せる。

「いろいろな演出家の方にアドバイスを受けてきたし、いろんなことをいわれて苦しんできたので、僕のお芝居や姿勢で、みんなに刺激を与えられたらなと思います。僕の姿勢みたいなものを見て、感じて、燃えてもらいたい」と座長らしく若手への期待も口にした。

舞台は、放送作家の鈴木おさむさんが総合プロデュースを務め、脚本・演出は村上大樹さんが担当。

青山劇場で、25日から11月4日まで上演予定。
WOWOWライブでは、11月2日の公演を午後1時から生中継する。


共通テーマ:演劇
山本裕典 舞台 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。