So-net無料ブログ作成
チーム4 手をつなぎながら ブログトップ

チーム4 手をつなぎながら [チーム4 手をつなぎながら]

「AKB48」 に新設された 「チーム4」 の初公演「手をつなぎながら」 がAKB48劇場で行われ、公演を前に行われたリハーサルでは研究生から正規メンバーに再昇格。

“チーム4” のキャプテンに就任した 峯岸みなみさん らメンバーが登場、若いメンバーに囲まれたチーム最年長(20歳)の峯岸さん。

AKB48 2014 壁掛けカレンダー 峯岸みなみ

「可愛い曲が続き、衣装が若いので、いろいろなものと戦いながらステージに立ってます。恐怖です。可愛さとかいろいろなものが伝わればと思います」 と、照れながら意気込みを語った。

チーム4は、2011年6月に結成。12年のチーム替え “組閣” で一度解体したが、東京ドーム公演で13、14期生の若手メンバーを中心に復活が発表された。

1期生の峯岸さんは、週刊誌に恋愛スキャンダルを報じられたことを受けて丸刈りで謝罪。研究生に降格されたが、新チーム4で正規メンバーに再昇格しキャプテンに就任した。

「手をつなぎながら」 はAKB48の姉妹グループ「SKE48」 のチームSの演目で、秋葉原のAKB48劇場で同演目が行われるのは初めて。

リハーサルでは「僕らの風」「遠くにいても」 などに加え、AKB48の最新シングル「ハート・エレキ」 やチーム4のオリジナル曲「清純フィロソフィー」 など全18曲を披露した。

ステージでは峯岸さんがセンターには立つことはほとんどなく、15歳の岡田奈々さんら若きメンバーがセンターとしてパフォーマンスを披露。

岡田さんが「(峯岸さんは公演を前に) メンバー一人一人にメールでメッセージを送ってくれた。メンバー思いだなと思いました」 と明かす。

峯岸さんは、メンバーのMCに対して「結構しゃべった割には内容がないですね」「1人当たりの時間が長いのでコンパクトに」 などと “ダメ出し” をするなど1期生としての貫禄を見せていた。 

共通テーマ:芸能
チーム4 手をつなぎながら ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。