So-net無料ブログ作成
検索選択
やまさき十三 原作 ブログトップ

やまさき十三 原作 [やまさき十三 原作]

原作の やまさき十三さん が、初監督を務めた 「あさひるばん」 が只今公開中です。

中年になった元高校球児3人が、当時の野球部のマドンナの病気をきっかけに30年ぶりに故郷で再会し騒動を繰り広げる人情コメディー。

あさひるばん

國村隼さん、板尾創路さん、山寺宏一さんが、それぞれ元高校球児の浅本、日留川、板東にふんし、マドンナの幸子役には斉藤慶子さん、その娘・有三子を桐谷美玲さんが演じている。

映画「釣りバカ日誌」 で、主人公を演じた西田敏行さんが幸子の父親役を好演している。

高校時代野球部にいた浅本、日留川、板東の3人組は、その名字から 「あさ・ひる・ばん」 と呼ばれていた。甲子園出場を目指すも、あと一歩のところで惜敗。

30年後、3人の憧れの存在だった野球部マネジャー・幸子の娘・有三子から 「入院中の母に会いに来てほしい」 という手紙が届く。知らせに驚いた3人は、久しぶりに故郷・宮崎で再会を果たすが。

主人公を演じた3人はもちろん、要所要所に配置された間寛平さんや上島竜平さんをはじめとした芸人たちがいかんなく魅力を発揮。

社会や世界に影響するような大事件は起きないが、当人たちにとっては何を置いてもという一大事を軸にしたストーリーは、「釣りバカ」 ファンにはおなじみ。

そうでない人にもどこか懐かしさを感じさせ笑いながらもジーンとくる、心がほっこり温まるような安定の人情劇です。

「あさひるばん」は、29日から全国で公開中。


共通テーマ:映画
やまさき十三 原作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。