So-net無料ブログ作成
検索選択
黒子のバスケ 谷山紀章 ブログトップ

黒子のバスケ 谷山紀章 [黒子のバスケ 谷山紀章]

人気アニメ「黒子のバスケ」(黒バス) の主題歌と、氷室辰也役を務める 谷山紀章さん がWOWOWで生中継された。

北米プロバスケットボール「NBA」 のゴールデンステート・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツ戦に、ゲスト解説で初出演。

UNLIMITED ∞

NBAの大ファンで音楽ユニット「GRANRODEO」 のボーカルとしても活躍する谷山さんは、「近年でトップくらいにうれしい。たまアリ(さいたまスーパーアリーナでのライブ) が決まったときよりうれしいかもしれない。もう何回でも呼んでいただきたい」 と大喜び。

谷山さんは学生時代は陸上部だったが、1992年バルセロナ五輪の米国代表 “ドリームチーム” の頃からジョーダンに魅せられNBAにはまったという。

「ちょうど 『スラムダンク』 ってマンガとバルセロナ五輪で(バスケ人気の) 機運が高まっていたので、クラス対抗の試合とかにも出ましたし、自慢の跳躍力を生かして、(『スラムダンク』 の主人公) 桜木花道に勝手にシンクロさせてリバウンドを取りまくってました。『天才さく裂!』 とか言ってましたね。“痛い” 感じで」 と笑顔で振り返る。

現在は、NBA専門誌を毎月2冊購入。ビール片手にWOWOWの中継番組を 「週5で見ている」 といい、ネットで最新情報やスタッズをチェックする。

NBAの魅力については「いっぱいあるんですけど、その時代時代にスーパースターがいて、今は群雄割拠。レブロン・ジェームスという怪物のちょっと下に、ケビン・デュラントとかクリス・ポールとかデリック・ローズとか、いろんなスター選手がきら星のごとくいる」 と熱弁。

毎週月曜午後11時半から、情報番組「週刊NBAアクション」 を放送。


共通テーマ:アニメ
黒子のバスケ 谷山紀章 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。