So-net無料ブログ作成
魔女の宅急便 実写映画 小芝風花 ブログトップ

魔女の宅急便 実写映画 小芝風花 [魔女の宅急便 実写映画 小芝風花]

実写映画「魔女の宅急便」 で主人公・キキを演じる 小芝風花さん が、公開記念イベントに登場し女子高生たちとチョコレート作りに挑戦。

小芝さんは、映画「魔女の宅急便」 で “ほうき” にまたがって空を飛ぶ魔女・キキを演じます。


バレンタインチョコを毎年手作りしていることを明かし、「(今年は) 映画も公開されるので、ずっとお世話になった清水監督に、うまく作れたらプレゼントしたいです」 と笑顔で語った。

イベントは、映画にちなんで “魔女が見習いで料理を作る”という設定。バレンタインデーが近いこともあり、小芝さんはキキ風の衣装で女子高生と一緒にフォンダンショコラづくりに挑戦。

普段あまり料理をしないという小芝さんは、初めて作るフォンダンショコラに悪戦苦闘し自分がデコレーションしたものに対し 「ブサイク~!」 と照れ笑い。

女子高生たちのショコラを見ると、「あ~! オシャレ~!」「みんなのが可愛くて恥ずかしい」 と無邪気な笑顔を見せた。

「魔女の宅急便」 は、1985~2009年に全6巻が発表された角野栄子さんの児童文学。魔女のしきたりに従って、13歳で親元を離れた魔女・キキの成長を描く。

実写版では、宮沢りえさんがキキの母・コキリ、筒井道隆さんが父・オキノ、尾野真千子さんが海辺の町コリコでキキが居候するパン屋のおかみ・おソノ。

広田亮平さんが人力飛行機で空を飛ぶことを夢みる少年・とんぼを演じ、浅野忠信さん、新井浩文さん、山本浩司さんらも出演する。

「魔女の宅急便」は、スタジオジブリの宮崎駿監督によって劇場版アニメ化され大ヒット。3月1日から、全国公開です。

共通テーマ:映画
魔女の宅急便 実写映画 小芝風花 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。