So-net無料ブログ作成
家路 松山ケンイチ ブログトップ

家路 松山ケンイチ [家路 松山ケンイチ]

東日本大震災後の福島を舞台に、家族の再生を描いた 「家路」 が全国で公開中です。

“帰れない場所” になってしまった故郷に20年ぶりに帰って来た主人公・次郎を、松山ケンイチさんが演じています。

キネマ旬報 2014年 3/1号
【送料無料】キネマ旬報 2014年 3/1号 [雑誌]

【送料無料】キネマ旬報 2014年 3/1号 [雑誌]
価格:890円(税5%込、送料込)


脚本は青木研次さんによるオリジナルで、テレビドキュメンタリーのディレクターとして25年以上のキャリアを持つ久保田直監督の劇映画デビュー作となった。

次郎はかつて捨てた故郷の家に戻って、汚れた土地を耕し、一人で苗を植えて生活をしている。周辺は、原発事故の影響で無人の警戒区域になっている。

兄の総一は妻、母親と一緒に仮設住宅で暮らし、総一は先祖から受け継いだ土地を失い絶望を抱る。全域が、警戒区域(福島第1原発から半径20キロ圏内)となった商店街も撮影。

映画を作るにあたって、福島の農家で取材を重ねた久保田監督。農家の長男たちから後継ぎとしての思いをたくさん聞き、兄弟の対比の物語が生まれた。

次郎と総一は、過去の出来事にわだかまりがある。次郎の母親や総一の妻の思いもからみ合って、それぞれが抱える思いが静かに交錯していく。

松山さんと次郎役については 「暗くなくていい」 と話し合った。「深刻な場面で、人は思いつめた様子にならないものです」 と久保田監督。

内野さんが演じる総一については 「次郎とは真逆で、状況に翻弄されてブレている」 と説明する。
 
nice!(1) 
共通テーマ:映画
家路 松山ケンイチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。