So-net無料ブログ作成
検索選択
沖縄国際映画祭 2014 ブログトップ

沖縄国際映画祭 2014 [沖縄国際映画祭 2014]

「沖縄国際映画祭 2014」 で、審査員特別賞「ゴールデンシーサー賞」 を受賞した品川ヒロシ監督が他の受賞者とともに会見。

映画祭は、「島ぜんぶでおーきなこと」 をテーマに県全域開催されました。

沖縄国際映画祭出品短編作品集

映画の舞台あいさつを沖縄入りが遅れて欠席した主演の藤原竜也さんから電話がかかり、「もしもし、何やってんの?」 と会話を始めた品川監督。

藤原さんは「喜びの言葉ある?」 と聞かれると、「(韓国の空港で) 45番と107番ゲートを間違えたんですよ」 と欠席の理由を語る。

「みんな待ってるからね」 と品川監督にいわれ、「カムサハムニダ!(韓国語でありがとう)」 と答えて品川監督らを苦笑させていた。

品川監督は、ゴールデンシーサー賞受賞について「出演者にはメールで受賞を報告しました。窪塚(洋介) くんとピーターさんからは返事がきた」 という。

「映画祭がもっともっと盛り上がって、この賞の知名度も上がればうれしい」と喜んでいた。

映画祭は、特別招待作品、コンペティション出品作品のほか、地域発信型作品、特別上映作品、「TVディレクターズムービー」などが上映された。

海人賞グランプリは、Laugh部門が本木克英監督の「超高速!参勤交代」(日本)、Peace部門はファン・ドンヒョク監督の「怪しい彼女」(韓国) が受賞。

次世代を担う人材を発掘する 「クリエイターズ・ファクトリー」 では深田晃司監督の 「いなべ」 が最優秀賞を受賞し、TVディレクターズムービーでは板谷栄司監督の 「LOVE SESSION」 が作品賞。

男優賞と女優賞は、鉄拳さんのパラパラマンガ「振り子」に出演した中村獅童さんと小西真奈美さんが受賞した。

nice!(0) 
沖縄国際映画祭 2014 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。