So-net無料ブログ作成
検索選択
悼む人 天童荒太 ブログトップ

悼む人 天童荒太 [悼む人 天童荒太]

第140回直木賞を受賞し70万部を超えるベストセラーとなった天童荒太さんの小説 「悼む人」。

高良健吾さん主演、石田ゆり子さんをヒロインに迎え映画化に。天童さんが、7年という年月をかけて書き上げた人間ドラマを描きます。

悼む人(下)
【送料無料】悼む人(下) [ 天童荒太 ]

【送料無料】悼む人(下) [ 天童荒太 ]
価格:596円(税込、送料込)


難しい役柄に挑む高良さんは 「台本も原作も読むたびに役の印象が変わる。静人の心に寄り添えるように、現場に立って毎日探していきます」 とコメント。

石田さんは「本当に難しい、本当に深い役。誠心誠意、全身全霊で挑みたい」 と意気込みを語った。

監督は、11都市で5万人を動員した同作の舞台で演出も担当した堤幸彦さん。脚本も、舞台に引き続き大森寿美男さんが担当します。

主人公の坂築静人が死者を 「悼む」 ために全国を放浪する中、夫を殺害した奈義倖世ら静人と関わりを持った人々の生と死、愛と憎しみ、罪と許しの物語。

堤さんは「多くの人々にご覧いただき、世の不条理の痛みを少しでも緩和できれば。私なりの撮影手法を一度初期化し、デビュー作のつもりで挑む」 とコメント。

天童さんは「観客の心に及ぼす未知の感動が、哀しみの世界を、おだやかに変えてゆく日のことを、静かな祈りをこめて、心待ちにしています」 とコメントしている。

映画「悼む人」 は、2015年に公開予定。

nice!(1) 
共通テーマ:映画
悼む人 天童荒太 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。