So-net無料ブログ作成
検索選択
アナと雪の女王 松たか子 Let It Go ブログトップ

アナと雪の女王 松たか子 Let It Go [アナと雪の女王 松たか子 Let It Go]

ディズニーの劇場版アニメーション最新作 「アナと雪の女王」 が大ヒット中。興行収入111億円を突破し、アナとエルサの姉妹愛を描いたストーリー。

今年の米アカデミー賞で主題歌賞に輝いた主題歌「Let It Go」、日本語版では「Let It Go~ありのままで~」 と訳されMay J.さんがエンディング。

アナと雪の女王サウンドトラック -デラックス・エディション-

曲は、日本だけにとどまらず世界中で話題になっている。劇中の全曲の翻訳を担当した、翻訳家の高橋知伽江さんに話を聞いた。

曲の翻訳をするときは、たとえ(映画の中の) 1曲しか訳さない場合でも 「全部を見て、作品全体を理解するようにしている」 という高橋さん。

「せりふからの流れ、人間関係、登場人物の性格、作者の意図などを理解することは、訳詞に取りかかる前の準備として、作品全体を理解することは欠かせない」 と力を込める。

作品全体を理解したら、あとは曲を繰り返し聴くという。今回は「最初に考えたのはキーワード、例えば 『Let It Go,Let It Go』 の部分をどう訳すか」だった。

「Let It Go」 をエルサが歌う場面は、エルサの感情が前面に表れる最も重要なシーン。

エルサの日本語吹き替えを担当した松たか子さんも劇中で曲を披露し、レコチョクの週間ランキングトップ3を独占した。

「自分を押し殺して生きてきたエルサが、はじめて『ありのままの』自分を受け入れようと決意するフレーズ。美しくて力強いと思います」と言い切る。

「アナと雪の女王」の大ヒットとともに「Let It Go」もヒットを記録し、世界中の人々が「Let It Go」を歌っている映像やパロディー映像が動画サイトに。


nice!(0) 
共通テーマ:アニメ
アナと雪の女王 松たか子 Let It Go ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。