So-net無料ブログ作成
ナノブロック コンテスト ブログトップ

ナノブロック コンテスト [ナノブロック コンテスト]

世界最小級のブロック 「ナノブロック」 の作品コンテスト「nanoblock AWARD 2013-14」。

応募作品を展示するイベント「nanoblock AWARD 2013-14 エキシビション」 が東京スカイツリータウンでスタートした。

ナノブロック 姫路城 nanoblock

東京・新宿にあるビルをリアルに再現し、「No Limit部門」 でグランプリを受賞した作品など、受賞作品を中心に約90点が展示されている。

「No Limit部門」 でグランプリを受賞した作品は、ニックネーム「K-T-X120314」さんの「損保ジャパン本社ビル」 で、高さ約70センチ、幅約30センチ、奥行き約20センチと展示作品のなかでは最大。

ナノブロックは、玩具メーカーのカワダが発売し国内外で累計1700万個を出荷。コンテストは、世界中のナノブロックファンのオリジナル作を募集今回で4回目。

作品を展示する「nanoblock AWARD エキシビション」 は、13年に続き2回目です。

今回は、今年の干支の午をモチーフにした 「2014年干支部門」、200ピース以下という制限のなかで作品を作る「Under200pcs部門」、制限なく自由に作品を作る「No Limit部門」 の3部門。

過去最多の543作品の応募があり、各部門のグランプリ、準グランプリ、優秀賞、さらに特別賞としてソラマチ賞を選出した。

「4万ピース以上のブロックが使われている」 というK-T-X120314さんは、コンテストで初めての同部門2連覇となった。

「Under200pcs部門」 は 「天体望遠鏡」 がグランプリを受賞。高橋さんは「これまでなかった発想。完成度も高く手のひらサイズなので、すぐに商品化できるくらいのクオリティー」 と太鼓判を押している。

「干支部門」 で優秀賞を獲得した 「サンタクロースとウマ」 や、馬にまたがった戦国武将「伊達政宗」などが展示されている。

ナノブロックのこれまでの歴史が分かるパネルや廃番も含む商品の展示、ナノブロックを使用した鉄道模型「nanoGauge(ナノゲージ)」 のジオラマコーナーも設けられている。

ナノブロックを使ってオリジナルのキーホルダーが500円で作れるコーナーや、限定品などを販売するショップエリアもある。

イベントは、東京スカイツリータウンの商業施設「東京ソラマチ」 5階にある「スペース634」 で、11日まで午前10時半~午後8時に開催。入場無料。

nice!(0) 
共通テーマ:芸能
ナノブロック コンテスト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。